アルミサッシでも引き戸があります。

アルミサッシというと開きのイメージがあります。しかし、本当に重要になってくるのは、使いやすいということになります。そのためには、本当に大事になってくることがあります。それは、日本家屋の場合には引き戸が使いやすいということになります。最近では本当に大事になってくるポイントがあります。木の戸では腐食などの問題があるといえます。そういう意味では、その代わりにアルミサッシがあります。そういう意味では本当に大事になってくるのは丈夫であるということが大切になってくるということになります。どうしても以前からアルミサッシというと洋風という固定観念がありますが、実際には強度などの問題で和の建具にも利用できるということになってきています。そういう意味では本当に和風の建築に多く利用されているといえます。それは本当に大きな特徴になってきます。

アルミサッシは引き戸に限ります。

アルミサッシは引き戸に限ります。その理由は、やはり和の建物が多いということになります。それは紛れもない事実になります。そういう意味では本当に和の建具が必要になってきます。そういう意味では開き戸ばかりではいけないということになります。結果的には引き戸が一番大切になってきます。しかし、一番の問題は木の素材が多く利用されている和風建築にアルミサッシをどのように合わせるかということが大事になってきます。しかし、アルミの性質から木と合わないということになります。しかし、最近のコーティング技術が木にも問題なくあう部材を作りだしたということがあります。そのために以前には無かった引き戸なども出来てきたということになります。それは、本当に大きな変化だったということになります。コーティングがそれを実現したといえます。

引き戸のアルミサッシがあります。

引き戸のアルミサッシがあります。それは、以前であれば考えられないことだったといえます。しかし、最近では本当に技術の高さから和風建築にも利用ができるアルミサッシが登場してきています。それは、本当に大きな変化であるといえます。和風の建築には本当に大事なポイントがあります。それは、引き戸であるといえます。しかし、実際には木の素材にアルミが混じってしまうと見た目に違和感が出てきてしまうということになります。それは、本当に困ったことになります。そういう意味では、アルミは使えなかったということになります。しかし、ここ数年非常に素晴らしいプリントやコーティングの技術が出てきているといえます。それは、本当の木のような風合いをアルミに与えているといえます。そのために以前では考えられないアルミサッシの引き戸が登場したということになります。